ドコ行く?どー行く?マレーシア観光特集

MM2H

この記事は、マレーシアのMM2H体験記や、おすすめ80選の関連記事です。

マレーシアに長期滞在してみて思うことは、「もっとじっくり調べてから来れば良かった・・・」です。

筆者も恥ずかshしながら、仕事で忙しくて、じっくりマレーシア観光ができませんでしたので、日本に帰国してからあれこれと調べてみて、この国の観光スポットの多い事実に驚いてます。

スポンサーリンク

初めてのKL 何度来てもKL

初めて旅行される方の場合、まずはクアラルンプール(KL)がお勧めです。そこで気になるのが、クアラルンプール市内の歩き方です。

実は、KLという街は、東京23区のように大きな都市ではないので、足に自信のある方、毎日何キロも歩くのに慣れた方なら、クアラルンプール市内は歩いて旅行できてしまいます。

ところが、問題があります。それは暑さです。(常夏ですから)

Aerial view of Kuala Lumpur Downtown, Malaysia. Financial district and business centers in smart urban city in Asia. Skyscraper and high-rise buildings at night. photo by envato elements (all rights reserved)

マレーシアの気候に慣れていないと、やはり脱水症状や熱射病症状にやられてしまうので、なんらかの交通手段で移動したくなります。そこで、いろんな記事を見てみると、ほとんどは Grab(グラブ、昔のタクシーと同じ)での移動(安いから)という話題が多いようです。

筆者は、Grab は否定しませんが、事前に調査してKLに行くなら、断然 ”GOKL”バスと、KRTと、KLモノレールの利用をおすすめします。こちらにおまとめ記事があります。料金はどれも Grab より安上がりですし、Touch n Goに70RM(2,500円)ぐらい入れておけば、当日のKL市内観光の移動コストとしては充分です。

上のアクセスから参照いただくと、路線の種類ごとに、どの駅からどこに行けるか解説してありますので、スマホ・アイフォンでスラスラ読んでみてください。クアラルンプール関連のお勧め記事はこちらです。

広告 AstroAI 冷蔵庫 小型 6L ミニ冷蔵庫 小型冷蔵庫 保温 冷温庫 化粧品 省エネ AC/DC給電 保温 保冷 家庭 車載2電源式 ポータブル コンパクト 日本語説明書付き (ブラック)

AstroAI 冷蔵庫 小型 6L ミニ冷蔵庫 小型冷蔵庫 保温 冷温庫 化粧品 省エネ AC/DC給電 保温 保冷 家庭 車載2電源式 ポータブル コンパクト 日本語説明書付き (ブラック)
冷蔵庫 小型 ミニ冷蔵庫 小型冷蔵庫 保温 冷温庫 6L 2.0 ブラック

KLCCからBukit Bintang までの空調設備が整った walk way(歩道路)もチェックしてください。知っていると便利です。

パスポートを盗まれたりしたら、慌てずに日本領事館へ急行!

定番の観光以外に「ちょっとマニアックな」体験

そういう体験がしたい方へのおすすめ(KL市内)

KLからもう少し足を伸ばして郊外を回りたい

KLから少し離れたショッピング・モールや行楽地も、見逃せません。

KLからの移動手段は、ぜひLRTのKelana Jaya線をチェックしてください。

LRTでスイスイ行けるのはこちら

お次は、ちょっと遠いので日帰りバスツアーです。予約して出かけてください。帰りは Grab が捕まりにくいので、どうするか決めてから旅行するタイプの観光地です。

マレーシアの大自然を体験したい

都会じゃなくて、マレーシアの大自然を目の当たりにしたい。本物の自然が見たい方は、国内線(フライト)、Grab そしてタクシーを使って、辺境の観光スポットを訪ねてください。移動方法は、それぞれの記事でできるだけ書いてますが、情報不足がありましたらご容赦ください。(日々書き足してはいますが・・・)

やっぱり見て帰りたい主要観光地

外せないのはこちらの3拠点。観光案内はたくさん出ているので、歴史を中心に紹介してます。

筆 者
筆 者

このあたりの観光地は、事前に歴史を知っているのと、そうでないとのでは、全く違う旅行になりますので、ぜひ「歴史」を読んでから探訪してくださいね。

今後も耳寄りな情報をアップしていきますので、時々見に来てください。

image photo by envato elements (all rights reserved)

この記事は、マレーシアのMM2H体験記や、おすすめ80選の関連記事です。

タイトルとURLをコピーしました