馬国

【MM2H情報】馬国  遂に「脱糖質」を目指す

2023年の政府機関の調査によると、マレーシア国内の成人の6人に1人(15.6%)にあたる360万人が糖尿病と診断されているそうです。もとより、どこにいっても甘いものを売っているマレーシアです。いよいよ糖質依存からの脱却を目指すことになりました。
番外編

番外 CrowdStrikeとネット障害 世界の反応

大規模なシステム障害は、Microsoft Windows上で動作するウイルス対策プログラムのソフトウエアの更新作業に使用される「不良ソフトウェアアップデート」と呼ばれる「更新プログラム」が原因でした。専門的には「更新バグ」と呼ばれています。
MM2H

【MM2H最新】続報:サバ州版MM2H新条件

観光芸術文化省の張大臣によると、同省はサバ州のMM2H規則について最終確認・署名した後、全ての権限がサバ州政府に委譲される予定。この手続きは1週間以内に終了する見通しです。7月初旬に受付が開始されたサバ州MM2Hは未承認でした。
MM2H

【MM2H情報】馬国の経済成長 主役4業界

何となく理解はしていますが、はっきりとは知らない。馬国の主要産業とその規模感について、最新の情報でおさらいするための情報です。パームオイル、製造業、石油ガス、そしてサービスの各産業部門がこの国の経済のGDPを支えています。
MM2H

【MM2H情報】若きインフルエンサーの悲劇2

若きインフルエンサーを死に追いやったソーシャルメディア上の「いじめ」行為について、マレーシア検察と司法は軽犯罪法の適用に止まっています。いじめの加害者に対して、真摯な刑罰を課すためには、刑法(Penal Code)の追加が急がれます。亡くなった被害者のご冥福をお祈りしております。
MM2H

【MM2H情報】発表 オリンピック・メダルの報奨金

マレーシアはパリ・オリンピックでメダルを取った選手には国として賞金を与える制度があり、他にも私企業からの報奨金を公表して選手のモチベーションを高めています。これを担当大臣が公表するわけです。日本ではこうは行かないですね。
MM2H

【MM2H情報】アリババ  市街地の闇取引

アリババ構造の小売店運用の負のインパクトとして、マレーシアは国内総生産(GDP)の30%を失っているという情報があります。小売店の許認可の不正利用のため、都市部の役人に「見逃し料」が渡っています。全てGDPから落ちてしまっているわけです。
MM2H

MM2H情報 馬国全国紙の注目記事 7月15日

MM2Hファンの頼みの綱である張慶信大臣から、新たな発表がありました。間も無くMM2Hの申請がオンラインで受け付けられます。開始時期はまだ未公開です。一方、マレーシアの専門部局は、新生児に名前を付ける名付け親への指導を行っています。
MM2H

【MM2H情報】若きインフルエンサーの悲劇

ネットで活躍する活動家が自殺しました。政府側は、この事件を非常に重く見ていて、早急にソーシャルメディアの悪用に関する民法ないしは刑法の見直しを実施することになります。首相も法改正を急ぐ指示を出すことになると思います。
MM2H

MM2H情報 馬国全国紙の注目記事 7月13日

生活に密着したマレー語の綴り:馬国でも日々研鑽が続いていて、必要とあらば、新たな解釈やルールが発表されています。別件:2024年6月時点の馬国全労働力に占める外国人専門家の割合は7%止まりだそうです。