【MM2H最新情報】馬国大学進学への登竜門 Pre-U 

MM2H

この記事は、本編【MM2H体験】と、【子育体験】の関連記事です。

現在、中学から高校生ぐらいのお子さんがおられて、マレーシアの教育制度での大学進学を考えておられる皆さんは、この記事を必ず読んでください。

馬国の教育制度といっても、もう大学レベルになると、これは世界的な基準での評価が基盤になっていますから、日本の大学入試よりも、視野が広くなります。

例えば、欧米のお子さんがマレーシアに住んでいる場合、海外の大学に進む上で、マレーシアの教育環境は理にかなったものです。

日本の場合、高校の教育プログラムは、日本の大学への進学だけを前提に設計されていますから、欧米の学徒が日本の高校から大学に進む瞬間は、多分難儀だろうと思います。

さて、今回ご紹介の Pre-University という制度ですが、筆者の過去の記事にもあります通り、2000年代に長男をマレーシアの私立大学に進学させた際、筆者自身が、Pre-University の何たるかをちゃんと理解していませんでした。その時の記事はこちら。

本日、the Sun の記事を読んで、今さらながら「そうだったのか」と気づいて反省しております。

筆 者
筆 者

筆者の持論ですが、マレーシアでMM2H等の長期滞在を計画されたり、実際に長期滞在されている皆様のお子さんは、日本人学校でなく、インター校に通わせて、マレーシアの大学ないしが欧米のレベルの高い大学を目指すべきです。大変僭越な話で申し訳ありません。

ご参考まで。こういったことは、結局自己責任になってしまいますね。

スポンサーリンク

Pre-U (Pre-University) の選択肢

Pre-university choices for school leavers

The Sun, May 16, 2024 by Dharshini Ganeson

この記事を読んで、筆者は The Sun 紙を見直しました。教育系の話題に強い新聞ですね。

SPM試験の結果が近づく中、子供に適した教育プログラムを熟慮する親たちは、ある種のジレンマに直面します。SPM以降の学歴を積み上げるコースの内容と費用を考慮し、予算内に収まるようにしなければなりません。

1980年代から1990年代は、大学進学前のプログラムの選択肢はほぼ電車道でした。どの学生も、SPMの結果で一定の成績を得られれば地元の大学に進学するためにSijil Tinggi Persekolahan Malaysia (STPM) を受験するか、Aレベル、南オーストラリアマトリキュレーション(South Australian Matriculation)、またはカナダのグレード13ディプロマ(Canadian Grade-13 Diploma)を選ぶといった限られたオプションでした。

こういった中等教育から大学入学への間の修学制度は、総じて Pre-University (Pre-U) と呼ばれています。日本には無いものです。

マレーシア国内の Pre-U について、近年、状況が大きく変わっています。選択肢が豊富になり、親と学生にとっては「選び放題」と言えます。

新しく登録された Pre-U プログラムもあり、親は多様な選択肢から、価値あるコースを分析して慎重に選ぶことになります。多くの家庭には2人以上の子供がいるため、学費の算段も慎重になります。選択した Pre-University プログラムが、学生本人の最終学位を決定するからです。

2022年にまとめられたデータで、マレーシアには 434 の私立高等教育機関があり、そのうち 54 の私立大学、39 の大学カレッジ、331 のカレッジ、および 10 の外国の分校があります。つまり、マレーシアの学生には広範な選択肢が提供されているわけです。

多くの私立大学はマレーシア各地に散在している中で、クランバレーは依然として人気の場所で、多くの外国および地方の学生が一流私立大学を果たしています。

親たちに人気の Pre-U プログラムには、A-levels、Foundation、Diploma があり、特定の国(例えば豪州やカナダ)で学びたい場合には the South Australian Matriculation (SAM)や the Canadian Matriculation Programme(CMP)、certificate courses for culinary arts(調理法の学位)、その他のプログラム、そして最近ではthe International Baccalaureate(IB)の Diploma programme(IBDP)があります。

IBDPの主な目的は「外交、国際機関、多国籍組織の一員を親に持つ、成長する若者の移動人口に適した国際大学入学資格を提供すること」です。

育ての親にとって、 Pre-University プログラムは、SPMやIGCSEなどの中等教育資格を成功裏に修了した子供たちが、最終的な学位につながる大学進学を選ぶための中継ぎです。

アイキャッチの写真はイメージ素材です。 photo by envato elements (all rights reserved)

難しさといえば、親にとって無理のない学費であること。正しい選択であること。その結果として学生が勉学に情熱を持ち、意欲を持って Pre-University プログラムを成功裏に修了し、大学へ移行することです。

親が選択肢を見直し、子供に最適な選択をするのを支援するために SPM Bulletin 2024 という資料があります。

Sijil Tinggi Persekolahan Malaysia (STPM)

マレーシア高等学校証明書(Malaysian Higher School Certificate、マレー語: Sijil Tinggi Persekolahan Malaysia、一般に”STPM”)は、マレーシアにおける大学入学前の試験です。以前は高等学校証明書(HSC)として知られていました。1982年以降、STPMは教育省の下にある法定評議会であるマレーシア試験評議会(MEC)によって管理されています。

STPMは、マレーシアの公立大学への入学のための主要な大学入学前システムの一つであり、他には Malaysian Matriculation Programme やマレーシア高等イスラム宗教学証明書(Malaysian Higher Islamic Religious Certificate、STAM)があります。STPMは多くの大学によって国際的に認識されており、受験結果はGCE Aレベルの結果と同等とみなされています。

STPM の証書(wikipedia に掲載されていたサンプル画像)

出典:英語版 wikipedia “Malaysian Higher School Certificate”から抜粋

International Baccalaureate(IB)

国際バカロレア(こくさいバカロレア、英: International Baccalaureate)とは、1968年にスイスのジュネーブで設立された非営利団体。同団体による大学入学資格試験、教育プログラム。

国際バカロレア(IB)は当初、世界各国から人が集まる国際的な機関や外交官の子供が母国での大学進学のため、様々な国の大学入試制度に対応し、1つの国の制度や内容に偏らない世界共通の大学入学資格および成績証明書を与えるプログラムとして開発された。その目的を、より良い平和な世界を築くために貢献する人材育成としており、その教育プログラムの特徴として「全人教育」を掲げている。

2023年1月現在で、世界159以上の国や地域で、約5600校の学校で提供されている。学校・プログラム単位で数えた日本国内の国際バカロレア認定校は159校。

出典:日本語版 wikipedia 「国際バカロレア」から抜粋

広告 【Amazon.co.jp限定】明治プロビオヨーグルトRー1 ドリンクタイプ 砂糖不使用甘さひかえめ 

【Amazon.co.jp限定】明治プロビオヨーグルトRー1 ドリンクタイプ 砂糖不使用甘さひかえめ 112g×12本 強さひきだす乳酸菌【クール便】
1073R-1乳酸菌を使用し、糖分やカロリーの摂り過ぎを気にすることなく、毎日おいしく続けて頂けるヨーグルトドリンク。 砂糖不使用なのでカロリーを気にすることなく、ほのかな甘みの優しい味わいをお楽しみいただけます。 毎日ちゃんと続けたい方、...

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。

この記事は、本編【MM2H体験】と、【子育体験】の関連記事です。

タイトルとURLをコピーしました