【MM2H情報】2024年 大富豪 ForbesTOP200

MM2H

この記事は、本編【MM2H体験】の関連記事です。馬国の「おすすめ情報」まとめ記事はこちらです。

マレーシアの資産家番付が、米国のフォーブスの調査結果として公開されました。

筆者が思うに、こう言った公開情報に出ている人物以外にも「資産家」は存在するとは思いますが、

表に出てこれない資産家の話をしても「明日の話題」にはなりませんから、本日ののところは、欧米と日本の資産家との比較も含めて、さらっと紹介しておきます。

結論として、(資料をみてわかったのですが)馬国の資産家はフォーブスのTop100には入っておらず、米国や日本の大物実業家に比べると、ある程度スケールが小さいと言えます。

馬国在住でも普段は気にしない人物の情報もあるので、よければご一読ください。

スポンサーリンク

馬国 No.1 の富豪は Robert Kuok氏

4月3日付けの The Star オンライン報道によれば、馬国の富豪第1位は Rober Kuok さん (Robert Kuok Hock Nien, 1923年生まれ

フォーブスの2024年の富豪番付で資産114億ドルを記録(176位)。

本日の円ドルの為替レートは脅威の ¥151.7/$ ですから約1兆7000億円です。

しかし、この方は既に100歳を超えるご長寿なので、この資産額をどのように考えておられるのか不明。

別途経歴を調べて文末におきましたが、驚くべき経歴です。全部網羅した記事を書くとこの記事の3倍の文章量が必要です。

フォーブスの発表(The Star の報道)によれば、Robert Kuok氏に続くマレーシアの巨大資産家は、

順位氏名資産額($)円評価(億)企業・グループ名
287Tan Sri Quek Leng Chan8.8B1兆3,200Hong Leong Group
624Tan Sri Ananda Krishnan4.9B7,350Maxis, etc.
871Tan Sri Koon Poh Keong3.7B5,550Press Metal Aluminium
Datuk Lee Yeow Chor3.1B4,650IOI Group
Lee Yeow Seng2.3B3,450 IOI Group
Tan Sri Lim Kok Thay2.3B3,450Genting Group
Kie Chie Wong2.2B3,300Fortescue Metals Group
Tan Sri Jeffrey Cheah2.0B3,000Sunway Group
寒山レートは一律 150円としました。Bは billion の略です

日本のNo.1 の富豪は?

では、日本の富豪番付はフォーブスではどのように発表されているのでしょうか?

納税者番付では円、動画サイトで有名な「斉藤ひとり」さんが1位だそうですが

フォーブスの番付サイトに直接アクセスして調べてみました。

200位までのリストから

順位氏名資産額($)円評価企業・グループ
29柳井 正 42.8B6兆4,200億ファーストリテイリング(ユニクロ)
51孫 正義 32.7B4兆9,050億投資家、ソフトバンク代
87滝崎武光23.1B3兆4,650億キーエンス創業者
以下200位まで日本人氏名ば無し
アルファベットのBは “Billion” 、円の換算レートはドルあたり150円です。

以上の3名の資産額の合計は、2024年の馬国の国家予算(約12兆4000億円)を超えます。

このほか、1000位までに日本人は9人、マレーシア人は3人の氏名があります。

世界の富豪番付

最後は、世界の富豪トップ5名です。桁が違いますね。ザッカーバーグさんが含まれているので年齢も列記します。

順位氏名資産額($)円換算(億)年齢・国籍企業
1Bernard Arnault233.0B34兆9,50075 仏LVMH, CD
2Elon Musk195.0B29兆2,50052 米Tesla, Space X
3Jeff Bezos194.0B29兆1,00060 米Amazon
4Mark Zuckerberg177.0B26兆5,50039 米Facebook
5 Larry Ellison141.0B21兆1,50079 米Facebook
アルファベットのBは “Billion” 、円の換算レートはドルあたり150円です。

上記4名の資産合計118兆円は、2024年の日本の国家予算(113兆円)を超えます。

そして世界の富豪の国籍でみると、上位50名の内で最も多いのが米国の24名。次に多いのが、中国フランスインドで、それぞれ4名、ドイツが3名、カナダスイスが各2名、

残る7つの国籍が全て1名で、日本スペインメキシコイタリアインドネシアオーストリア香港でした。

日本の孫正義さんは、51位でした。

参考 Rober Kuok(郭鶴年)

Robert Kuok Hock Nien, 郭鶴年

昨年10月にKuok 氏 100歳の誕生日を祝う New Straits Times

1923年10月6日、Johor Bharuで客家系の郭欽鑑(Kuok Keng Kang)鄭格如(Tang)夫人の次男として生まれる。兄・郭鶴挙(Philip Kuok Hock Khee、フィリップ)は当初一族の企業に関わっていたがのちに外交官となり、弟・郭鶴麟(William、ウィリアム)はマラヤ共産党に参加し早逝。

1939年、ジョホールの英語学院(英語版)卒、シンガポールのラッフルズ大学入学。

戦時中はジョホール・バルで三菱商事の米穀部門に勤務していた。

1949年、KLに設立された郭兄弟有限公司(Kuok Brothers Sdn. Bhd 以下 “KB”)の取締役
(当時26歳)。同社の初代会長兼社長は兄・鶴挙。

1959年、KB社は日新製糖・三井物産と合弁で、マラヤ製糖:MSM)を設立。マレーシアにおける砂糖消費の増加を背景に、砂糖の生産・精製に着手。KB社は翌年には、東南アジアの「砂糖王(Sugar King)」として知られるようになった。

1968年、馬国政府と企業数社の合弁でマレーシア国際海運公社(MISC)が設立され、メッカ巡礼基金運営庁(Lembaga Urusan dan Tabung Haji: LUTH)と曹氏有限公司(Frank Tsao & Co. Ltd. (Liberia))およびKB社が設立当初の主要株主となり、Robert KuokMISCの初代会長(45歳)。同じ年にマレーシア・シンガポール航空会長。

馬国をはじめ、香港、タイ、英国、日本、フィジーにホテルを建設。し、シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツの経営など多角的な事業を展開するグループを運営。

馬国やシンガポールの独立から政府始動の時期にリーダーとなった著名人や政治家の多くはRobert Kuokの学友である。彼は、多くの事業においてブミプトラ資本を積極採用したことでマレー社会から積極的に受け入れられた客家の実業家である。

現在は、マレーシアのKuok Group、香港のケリー・プロパティーズを率いる実業家。

最後まで参照いただき、ありがとうございます。

この記事は、本編【MM2H体験】の関連記事です。馬国の「おすすめ情報」まとめ記事はこちらです。

タイトルとURLをコピーしました