【MM2H体験】おすすめ情報(43)ティオマン島

MM2H

この記事は、本編【MM2H体験】の詳細記事です。「おすすめ」のまとめ記事はこちらです。

筆者はまだ、未体験のこのリゾートは、おすすめではありますが、

  • 殆ど日本人がいない観光地でも平気で旅行する方
  • 英語での意思疎通について心配がない方
  • マリンスポーツに強い方
  • 環境保護に理解がある方

が訪ねる場所として最適です。

スポンサーリンク

地理情報・アクセス

ティオマン島 (マレー語:Pulau Tioman) は、マレーシアのジョホール州Mersingから、北東へ約56km、南シナ海に浮かぶ、パハン州に属ロンピンにする島。

この島はスキューバダイビングの愛好者の間で有名で、長さ約39キロメートル、幅12キロメートルの鳥の腿(もも)のような形状をしています。

ジョホール州のMersingから約70km離れており、Mersingは観光客の間で最も人気のある港。ここからフェリーで2時間半 高速船で1時間半 船着場で島への入場料が徴収され、島の保護に使用される。 切符売り場では、英語が通じ、ティオマン行きのフェリーと高速船は午後2時頃が最終。

観光客情報

2009年には、島を訪れる観光客の推定数が増加し、1か月に30,000から50,000人に達しました。これらの観光客の大部分はヨーロッパから来ています。

多くの観光客が訪れる人気のある場所はサラン村です。サラン村で人気のあるリゾートには、サランプサカリゾート、サランサヤンリゾート、サランインダーティオマンなどがあり、これらのリゾートの多くはサラン村の住民によって運営されています。

歴史

ティオマンは何千年もの間、近隣の漁師によって必要不可欠な航法ポイントおよび淡水と木材の供給源として使用されてきました。過去千年間、中国、アラブ、ヨーロッパの商船の寄港地となり、島の周りのビーチではしばしば中国の磁器の破片が見つかります。

より近年の歴史では、ティオマンは第二次世界大戦中にイギリス海軍と日本海軍の両方の拠点となりました。その結果、島の周りの水域にはHMS RepulseとHMS Prince of Walesを含む戦争の遺物が散乱しています。

Source : O-DAN

ティオマン島では建物の高さが3階を超えることを許可していません。ティオマン島はまもなく馬国の市町村の地位を与えられる予定です。

ティオマン島には南部に2つの山があります。標高747mのBukit Batu Sirauと、標高659mのBukit Nenek Semukutです。

島の由来

地元の信じられている伝説によれば、ティオマンの名前の起源は、一対の龍に関連しています。昔々、夫婦の龍(雄の龍と雌の龍)がチニ湖からパハン川を経て海に向かう途中で、絹の布を紛失した。そして、絹の布を取り戻すために引き返す途中、鶏の鳴き声が聞こえ、雄の龍がそれを無視したが、雌の龍は反応してしまいその地の島に変身してしまった。これがBukit Batu Sirau山となり、雄の龍はNenek Semukut山に変身した。

Source : Wikipedia “Tioman Island”

この話には諸説あって、ここで紹介したのはその一例です。

尚、Tiomanという固有名詞の由来は不明。

気象・季節

7月が静穏な季節。12月、1月、2月は、波の高さが5メートルに達し、ボートの安全性が脅かされるため、観光活動は行われません。

Tioman Island, mountaings, shore, and woods. (Flickr, photo by YXO, May 2006)

禁酒計画と地域開発

馬国政府は、2002年8月からティオマン島を禁酒にしようと計画しており、これはティオマン開発委員会を通じて実施さる予定。

ティオマン島全体はマレー族の予備地で、島の住民はすべてマレー族です。ティオマン島の経済がより早く成長するために、政府はこの禁酒の提案を奨励する予定。

500万リンギットのプロジェクトが実施される予定で、それにはテケク村とムクット村のジェティの拡張、ごみ処理システム、ティオマン全域の下水処理システム、住民の再配置、およびテケク、サラン、ゲンティンの村への水供給が含まれます。

ティオマン島の免税地域としたことによる経済的な利点が特にマレー族、特にティオマン島の住民にとって享受されることを目的としています。

自然

ティオマン島および周辺にある8つの島は海洋公園と海洋保護区として指定されています。

多様な海洋生物以外にも、1972年にはティオマン島の内陸雨林エリアがティオマン野生動物保護区として保護されました。

1984年にもとの保護区の大部分が農業と観光開発の犠牲になり、残りの面積は約8,296ヘクタール(883 km2)です。

Binturong ( from Wikipedia )

島には多くの保護種の哺乳動物がおり、45種の哺乳動物と138種の鳥類の中には、binturong、long-tailed macaque、slow loris、black giant squirrel、red giant flying squirrel、mouse deer、brush-tailed porcupine、およびcommon palm civetが含まれます。さらに、ティオマンの海岸には固有の種も持っており、Tioman walking catfish (Clarias Batu)雨林で見ることができます。Kajang slender litter frogはカジャン山でしか知られていません。

Slow loris ( Wikipedia)

ティオマン島マリンパークはサンゴ礁、海草床、およびマングローブ林の3つの海洋生態系を保護しています。サンゴ礁には、Alveopora minuta、Isopora togianensis、Pectinia maximaなどの絶滅の危機に瀕する3つの種、86の脆弱な種、85の危険にさらされた種を含む67の属から350種のサンゴが生息しています。

さらに、76の底生マクロ藻類の分類も存在します。海草床は3つの種の海草をサポートしています。マングローブは合計59.90 he(90万平米)で、絶滅の危機に瀕するHeritiera globoseを含む23のマングローブ種をサポートしています。Ceriops decandraとSonneratia ovataという危機に瀕する種も見られます。

サンゴ礁の破壊と新空港計画

ティオマンのサンゴは2010年の大規模な自然白化現象(Coral Breaching)の影響を受け、生きたサンゴの大部分を失いました。その結果、多くのサンゴがくすんだ白い色に変わり、一部は死んだサンゴの骨片に分裂しました。

ティオマン島に国際空港を建設する提案があり、2018年にマレーシア政府によって一度却下されていますが、環境影響評価(EIA)が提出され、検討が続いています。

新しい空港は、カンプン・パヤとカンプン・ゲンティンの村の間にある島の西海岸をカバーし、そのうち76%の開発エリアは海から埋め立てられる必要があります(142.70ヘクタール)。その他の環境影響が慎重に検討されています。

環境影響を受けるカンプン・ゲンティンとカンプン・パヤの村の代表者は、空港の提案に否定的な意見を持っています。

参考  カジャン・スレンダー・リター・フロッグ

マレーシア半島の東海岸にあるティオマン島にのみ生息しています。この種は2004年に初めて公式に記録されました(Grismer et al、2004年)。最初の標本は、島の最高峰であるグヌン・カジャンの頂上にある洞窟の入口近くで見つかりました(この洞窟は川の浸食と花崗岩の熱帯風化によって形成されました)で、標高1000メートルで発見されました。その後、この種は低い標高でも見つかっており、ここで示されている例は、標高150メートルの森林のトレイルで見つかりました。

Source = Ecology Asia

このLeptolalaxの種は暗い色をしており、上側にはわずかな斑点があり、下側には模様がありません。四肢はやや明るく、わずかな暗い横縞があります。皮膚は比較的滑らかで「かすかに小石のよう」です。

他のLeptolalaxと同様に、前肢は細く、後肢は短くやや太いです。指は細くて蹠の蹠には膜がありません。頭は比較的大きく、目も大きいです。

このカエルは急流で繁殖し、島の小さな花崗岩の洞窟や割れ目から出ることがあります。オタマジャクシは大きくて模様のないもので、丸い頭と上向きの鼻孔を持っています。これらは褐色ですが、無色のものも見つかっています(Grismer et al、2004年)。

文献:Grismer, L. L., Grismer, J. L. & Youmans, T. M. (2004). A new species of Leptolalax (Anura: Megophryidae) from Pulau Tioman, West Malaysia. Asiatic Herpetological Research, 10: 8-11.

最後まで参照いただき、ありがとうございます。

🔳 マレシアの「おすすめ」80選 → まとめ記事はこちら

🔳 MM2Hの本編に戻る →本編【MM2H体験】

タイトルとURLをコピーしました