MM2H

【MM2H情報】マレーシア 最高学府の実力上昇中

マレーシアの6大学は、今年もイギリスの情報誌 Times Higher Education’s(THE)のアジア大学ランキング2024 (Asia University Rankings 2024) で高い評価を受けています。国内トップの6つの大学が、昨年からランクアップ。
MM2H

【MM2H体験】クアラルンプール1RM周遊GOKL(9)

GOKLバスルートシリーズの終盤は、公務員が集中する Truquoisse Rute (GOKL-07) ですが、いよいよ紹介内容が多くなってきたので、今回は、KL全体にこれまで紹介した8種類のルートを全部貼り付けてみました。
MM2H

【MM2H情報】知っときたい 馬国政府と議会<9>

マレーシア憲法の成り立ちと153条の成り立ち、1969年5月13日の事件や、New Economic Plan の失敗について史実を確認してみました。今、筆者のブミプトラ政策への理解は以前と全く違います。
MM2H

【MM2H情報】知っときたい 馬国政府と議会<8>

実際に発生した「五十三事件」は、普段私たちが耳にしていた、マレー人と華人の喧嘩合戦程度のなまやさしい事件ではなく、軍隊も出て射殺して鎮圧した大暴動だったのです。できるだけ横文字を避けているのは事情があります。ご理解下さい。
MM2H

【MM2H情報】炎上 米政治学者とマラヤ大学

学問の自由の原則とは何でしょうか? 私は、「考えが違う」ことを互いに合意すること( agreeing to disagree ) こそが学問の自由だと思うのです。全ての立場には、それぞれ異なる根拠があります。それは誰かが制限すべきことじゃない。Amirul Mukminin
MM2H

【MM2H情報】米政治学者の失言とM大学の緊急謝罪

本日紹介する2024年4月25日の全国紙の内容は、馬国の最高学府の中で、No.1 の地位を持つ「マラヤ大学」の公式謝罪を報じたものです。欧米学術界で生きてきた米国教授が、馬国出で一線を超えてしまいました。参考になる話です。
MM2H

【MM2H情報】知っときたい 馬国政府と議会<7>

筆者は、ブミプトラの優遇政策について、29年前のプロジェクト契約への影響は経験済みですが、そもそも憲法上でどんな扱いに成っているのか調べてもみませんでした。調べてみたら、かなり複雑な経緯があったようです。条文も読んでみました。
MM2H

全マレーシア国民が追悼 海軍訓練事故

職業安全は適切な指導の繰り返しが、やがて構成員の事故防止活動を習慣化します。そしてその習慣が積み重なって組織の「文化」になります。文化になってようやく安全な組織といえます。4,23に起きた軍用ヘリの衝突事故は「労災」です。未来永劫、同じ事故が起きないように対策を打たねばなりません。
MM2H

【MM2H体験】クアラルンプール1RM周遊GOKL(8)3

GOKLのマルーン・ルート、最終回の今日は「北周り」の詳細です。このルートは、南の Chow Kit界隈から Sentul 地区を通り、Batu Mudaや Kampung Batu に至る広域住宅街です。Sentul 地区の wet market を発見しました。写真でしか特定できませsん。Wikipediaへの投稿も無しの low profile です。
MM2H

MM2H情報 馬国全国紙の注目記事 4月21日

若くて優秀なマレー人は沢山活躍しています。筆者も、かつて Look East 制度で日本の大学をでたマレー人を雇用した経験がありますが、本当に優秀でした。現在、税務申告している若きミリオネアは35名、前年度の20名を上回る申告者数です。