【MM2H体験】クアラルンプール1RM周遊GOKL(8)3

MM2H

この記事は、本編【MM2H体験】の詳細記事です。馬国の「おすすめ情報」まとめ記事はこちらです。

クアラルンプール(KL)市内をたったの1リンギット(40円弱)で周遊する乗合バスの「GOKL」。「ぶらり一人旅」的なバーチャル・ツアーを投稿しています。

今回は9回目です。チャレンジングな maroon ルート(Mルート)のPART3です。

PART 1 〜2の記事はこちら

ここで、ひとつお詫び致します。前回までの記事で、筆者は Sentul Pasar(セントゥル市場)が見つからないので、恐らくこの生鮮市場は存在しないと書きましたが、これは大きな誤りでした。

外国人観光客を対象に大々的に宣伝してはいないようですが、「セントゥル市場」は存在します。

それでは、早速 Mルートの北周り (north bound) のバーチャルツアーに出発です。ターミナルは南端の Monorail Chow Kit 駅です。

スポンサーリンク

バス停で使われるマレー語

今回もバス停や駅名で使われているマレー語の東西南北を確認しておきます。

Timur:東、Barat:西、Utama:中央、Selatan:南、Utara:北

今回も登場する略語 ”Ppr” は、「Perumahan Rakyat」の略で、「公営住宅」という意味です。Ppr が付く停留所は、公営住宅の近くにあることを示しています。

その他  Bandar:町、Taman:公園、Sekolah:学校

この記事に利用した地図は Open Street Map の資料です。

マルーン・ルート南端の周遊はお馴染み

この辺りはRed Line のバーチャルツアーで紹介しましたが、インドネシアからの移民が多く移り住んだ地区です。

Chow Kit 界隈

  • Monorail Chow Kit (Kl68)
  • Pasar Chow Kit (Kl69)
  • Tiong Nam (Kl42)
  • Chow Kit (Barat) (Kl46)
  • Damai Service Hospital (Opp) (Kl47)
  • Bangunan Perkim (Kl49)
  • Dynasty Hotel

やはりセントゥル地区がマルーン路線の中心

セントゥル警察からD7 Sentulへ

  • Ibu Pejabat Polis Daerah (Ipd) Sentul (Kl610)
  • Perumahan Awam Seri Terengganu (Kl2050)
  • Wisma Health Lane (Kl2051)
  • D7 Sentul
  • Sentul Boulevard (Barat) (Kl613)

Wisma Health Laneは薬局ですが、KLの中心街にあるものより小さく、地域住民向けの中規模の企業です。そしてD7 Sentul というのは、道路の反対側の D6 Sentul と同じで、コンドミニアムとオフィスが入っているモダンなビルです。

いずれも、しかし、観光目的で訪ねる場所ではないです。

 Caper Sentul からPasar Sentrul へ

  • Sentul Boulevard (Barat) (Kl613)
  • St Joseph Church (Kl615)
  • Pasar Sentul (Kl616)
  • Sekolah Kebangsaan Sentul 2 (Kl617)

本日のハイライト部分に入りました。

この地域のバス停の配列は非常に複雑なので、文章で説明するのでなく図解で見ていただくことにしました。

薄紫のバス停は南回りだけのバス停なんです。

マレー中心ではあるものの他民族地域を反映してキリスト教会があります。この施設は外国人にももちろん門戸を開いていますが、主に現地のインド系移民のキリスト教徒を対象としています。

子供の信者が多いので、協会のHPもマンガチックです。

協会をすぎると、いよいよ市場です。

前回の記事では、何も説明していないのは、この市場について、しっかりした説明がネット上で見つからないことが理由でした。

今回は、Google Street Viewでしっかりバス停の近辺をチェックしていますので、結果を写真でお伝えします。

どの写真も、現地の消費者ですね。外国人は見当たりません。

終盤の各駅小さめの市場やアパートなど

  • Sentul Pasar (Kl2053)
  • Sentul Village
  • Kompleks Darul Hidayah (Kl618)
  • Pusat Genius Kurnia
  • Skyawani Residence (Opp) (Kl619)
  • Sekolah Menengah Kebangsaan Batu Muda (Opp)
  • Klinik Kesihatan Taman Batu Muda (Opp)
  • Ppr Batu Muda (Utara) (Kl591)
  • Ppr Batu Muda (Selatan) (Kl592)
  • MRT / KTM Kampung Batu (Kl594)

前回(南回り)で既に説明したバス停が並んでいます。

最後まで参照いただき、ありがとうございました。

この記事は、本編【MM2H体験】の詳細記事です。馬国の「おすすめ情報」まとめ記事はこちらです。

タイトルとURLをコピーしました