マレーシア国民の祭典、パレスチナ泥沼化 

馬国

今週末のマレーシア国内報道から

明るいニュースの紹介もあったのですが、アイキャッチ画像の背景は黒くせざるおえませんでした。

023年初頭になんとか混沌から抜け出したアンワル首相の連合政権は、2024年に向けた予算編成に「マダニ予算」(日本語ではおそらく民事優先予算」といった表現となりましょう)と言う呼び名をつけました。

今年の政権から、マレーシア政府を「マダニ政権」(つまり民事優先政府)と銘打ったのは、米国の「アメリカ・ファースト」や、東京の「都民ファースト」と同様、馬国民ファーストの政治を強調したものと思われます。

その民事優先政権の1周年記念となった今月、馬国はブキ・ジャリル競技場に国民を招待して、記念プログラムを開催しました。

馬国民のもう一つの重大事はパレスチナ問題。

長引くパレスチナ攻撃を問題視している国連の安保理の「人道的停戦」に向け、馬国政府は国連安保理のトップを強く支持したのですsが、

西側諸国の影響が強い安保理において、国連名義の「停戦指示」的な発令が実現しませんでした。来週は、アンワル首相や元首相のマハティール氏から強烈な非難の声明が出ることは間違い無いでしょう。

News Straits Times紙のオンライ記事全文を日本語で紹介します。

スポンサーリンク

民事優先政権1周年記念プログラムで週末を満喫

ブキ・ジャリルは各種サービスやイベントが盛りだくさん

New Straits Times  December 9, 2023

1周年記念の「ファン・ラン」に参加するマレーシア国民を報じる NST オンライン

今週末は、ブキット・ジャリル国立競技場で開催されるマダニ政権1周年記念プログラムを訪れて、様々なサービスや興味深いアクティビティを満喫してみては如何?

3日間予定されたプログラムの2日目は、”Madani Fun Run”(国民お祭りランニング・イベント)からスタート。約5,000人の参加者が伝統衣装を身にまとい、ブキット・ジャリル国立競技場周辺を4キロメートルを駆け抜けた。

もう一つのハイライトは、午前9時からメインステージで行われた映画。1993年のソマリア内戦中に米軍兵士を救出したマレーシア軍作戦の実話を基にした「MALBATT: Misi Bakara」の上映だ。

地元のスポーツファンは、午前11時過ぎのメインステージの「コーヒー、スポーツ、アスリートとの集い」で、R. シャルメンブラン(空手)、タン・チョンミン(武術)、ナターシャ・ロスラン(ボウリング)、ムハンマド・ジアッド・ゾルケフリ(パラ陸上)などのナショナルスポーツ選手と交流した。

また、午後11時からステージ2で行われる、民間防衛軍による心肺蘇生法(CPR)の特別発表にも参加可能だ。

さらに、午後8時からメインステージで開催される「イスラム教問題首相府フォーラム: 多様性の中の調和」では、首相府宗教担当大臣Datuk Dr Mohd Naim Mokhtar氏、Duat Al-Falah会長Abdul Hadi Bakri氏、マレーシアプトラ大学講師Prof Datuk Dr Taufiq Yap Yun Hin氏らがパネリストとして登壇。

この他、最大30%割引の各種商品が並ぶ「マダニ・メガセール」での買い物や、63の政府機関や民間企業が出展する「キャリア・カーニバル」での5,000件以上の求人情報など、様々なイベントが用意されている。

「マダニ」政権1周年記念プログラムは明日の閉会式で幕を閉じる。閉会式には、アンワル・イブラヒム首相をはじめとする政府高官が出席する予定。(ベルナマ通信)


英文オンライン記事(当日リンク)はこちら
全国紙の The Star も「ファン・ラン」を紹介した。

マレーシア国はガザにおける人道的停戦を支持

Demeber 9, 2023.  New Straits Times

マレーシアは、アントニオ・グテーレス国連事務総長が国連安全保障理事会に対し、ガザの深刻な状況に緊急対応の上、「人道的停戦を即時宣言」するよう求めたことに強い支持を表明した。

外務省は8日夜の声明で、グテーレス事務総長が同問題を「安全保障理事会において注意喚起した」ことを称賛するとともに、ガザで継続している残虐行為は国際平和と安全の維持に対する明白な脅威であるから、憲章第99条に基づく事務総長の権限内の行動として妥当と発表した。

曰く、「事務総長による呼びかけは、ガザにおける現在の状況の深刻さを示している。無実の民間人、特にガザの子どもたちに対する容赦ない攻撃、流血、そして犯罪は止めなければなならない」

安全保障理事会が第99条を適用するのは、1989年以来のことである。

外務省は声明の中で、国際社会、特に安全保障理事会は、さらなる残虐行為の拡大を防ぎ、ガザにおける壊滅的な人的被害と物的破壊を終わらせるためにあらゆる努力を尽くす責任があると述べた。

また、「集団的かつ迅速に行動」しなければ、国際社会は安全保障理事会と多国間システム全体の信頼性を失うことになると主張。

「安保理は、政治的対立のサイクルにより麻痺した状態を続けるのか、無実の民間人の保護を最優先し、国連憲章によって義務付けられている国際法の尊重と遵守という倫理的・道徳的な道を選択するのかを決断する必要がある」とした。

さらに、マレーシアは、世界中の多くの国々と共有している、「パレスチナ人が1967年以前の国境、首都を東エルサレムとする独立した主権国家としての地位を享受する権利」を、揺るぎない信念を持って支持していくと付け加えた。(ベルナマ通信)


英文オンライン記事(当日リンク)はこちら

ガザ停戦決議案否決 (やはり拒否権が・・・)

パレスチナ国連代表は「壊滅的」と非難

December 9, 2023  New Straits Times

パレスチナの人道的停戦案は国連の安保理で採択されなかった。

金曜、ワシントンD.C. – パレスチナ国連代表のリヤド・アル=マンソール氏は、国連安全保障理事会がガザでの人道上の停戦を求める決議案を採択しなかったことを痛烈に批判したと、アナドル通信が報じた。

この決議案は、約100カ国の国連加盟国が共同提案し、13カ国の理事会の支持を得たが、米国が拒否権を行使した。また、米国と同様に拒否権を持つ常任理事国である英国は棄権した。

マンソール氏は、この失敗を「極めて残念」かつ「壊滅的」と呼び、次のように述べた。「この紛争のあらゆる当事者が国際法、特に民間人の保護を遵守するよう、最終的に明確に呼びかける決議案をこの理事会が支持することを認めなかったことは、戦争犯罪者たちに罪を犯し続ける時間を与えることになる。これはどのように正当化できるのか?どのようにして、民衆の虐殺を正当化できるのか?」

さらに、マンソール氏は停戦を呼びかけ、「1日ごとに命が失われ、現代史上前例のないペースで人々が殺害されている」と述べた。

決議案では、紛争当事者に対し、国際法、特に民間人の保護を遵守するよう求め、即時の停戦を要求し、アントニオ・グテーレス国連事務総長に対し、停戦の実施状況について理事会に報告するよう要請した。

決議案を提出したアラブ首長国連邦(UAE)は、63日間の戦争で死者数が急増していることを受けて、決議案を迅速に完成させるよう努めた。

ガザ当局によると、ガザでは1万7千人以上が死亡している。女性と子供は死者全体の約70%を占め、負傷者は4万人以上。約180万人のパレスチナ人が国内避難民となっている。(ベルナマ-アナドル通信)


英文オンライン記事(当日リンク)はこちら

最後まで参照いただき、ありがとうございます。

このブログで掲載したマレーシアのニュースはこちらに索引があります。

タイトルとURLをコピーしました